集中力をアップさせるためのコツ!

集中力をアップさせるコツは、目の疲れや体力低下など、プログラマーに起こりがちなフィジカルの問題を未然に防ぐための環境を整えることです。それと同時に、疲労をマネジメントすることも大切です。集中のメカニズムを知ることによって、より集中力をコントロールできるようになります。アップルの創業者であるスティーブ・ジョブズ氏がどのように集中力をアップさせ、それを維持したのかについて知ると、どうすればいいのか具体的にイメージできるでしょう。
  • フィジカルを整えよう!

    集中力を落とさないようにするためには、日頃から適度にフィジカルを鍛えておく必要があります。ハードな運動でフィジカルを追い込む必要はなく、軽いウォーキングやジョギング程度で十分です。PCを見続けることによって目が疲れてくるので、ブルーライトカットメガネを利用しましょう!目薬やアイマスクを常備しておくと、ドライアイや疲れ目などに効果的です。運動を意識的に取り入れないと体力が落ちてしまうので、体力維持のための習慣をつけるようにしましょうね!

  • 疲労をマネジメントしよう!

    集中力をコントロールするためには、疲労をうまくマネジメントしていく必要があります。疲れきってから休むのではなく、疲れる前に休む習慣をつけるよう心がけることが大切です。可能であれば、15分程度の仮眠を取り入れてみましょう。その日のうちに疲労を解消すれば、集中力がアップして日々の業務を効率的に進められるようになります。休日はプログラミングから離れて別のことに集中し、心身をしっかりリフレッシュさせましょう。

  • 集中力がアップする食べ物はコレ!

    ブドウ糖を適度に補給することによって、集中力や記憶力、思考力をアップさせる効果が期待できます。おすすめの食べ物は、ナッツ類や大豆食品、卵、バナナ、チョコレート、青魚、米、ドライフルーツなどブドウ糖が多く含まれている食品です。ナッツ類や大豆食品、卵には、脳を活性化させる「レシチン」という栄養素も豊富に含まれています。どの食品も食べ過ぎは健康に悪いので、食事や間食などの際にバランスよく摂取しましょうね!

  • 集中力を落とさないコツをジョブズにならおう!

    集中力を落とさないコツは、アップルの創業者スティーブ・ジョブズ氏の生き方から学ぶことができます。曹洞宗の僧侶を師と仰いでいたジョブズ氏は、「今日が最後の日」という緊張感を持ちつつ瞑想で集中力を高めていました。アップル製品のシンプルな作りは、瞑想の結果生まれた発想だったともいわれています。ジョブズ氏の精神に習い、人生最後の日のような緊張感と呼吸を意識した究極のリラックスによって、集中力を維持する練習をしてみましょう!

最新の記事